【レシピ】低温コンベクションオーブンTSF601-Cでステーキを焼いてみた

TSF601Cでステーキ アイキャッチ調理家電

たまたまYoutubeでステーキを焼く動画を見ていた。
肉を柔らかく焼くための理論と、実際にフライパンで焼いてきれいなロゼ色に仕上がった様子が流れていた。

そのポイントとして、
 ・筋切りしない(肉汁が流れ出るのを防ぐ)
 ・肉を室温に戻す
 ・弱火でじっくり加熱する
 ・最後に強火で焼き色を付ける
といった内容だった。

完全に夕飯がステーキに決まってしまったので、スーパーで大きめの肉を購入し、
早速焼いてみることにした。

ただ、フライパンでの温度調整が面倒だったので、オーブンで焼いてみることにした。

テスコムの低温コンベクションオーブンTSF601-C とは

低温から高温まで1台6役のマルチオーブン
オーブン調理、トースト、ノンフライ、発酵、乾燥、低温調理が可能

・低温ファンモードでビーフジャーキーやドライフルーツなどの乾燥調理ができる
・高温ファンモードでパンも焼ける、唐揚げも作れる

・スーパーのお惣菜(揚げ物、焼き物)の再調理ができる

食パンをトーストしたり、スーパーのお惣菜や揚げ物をリクックしたり、
お菓子を焼いたりなどの、通常のコンベクションオーブンの機能とは別に、
低温コンベクションのモードがあり、フードドライヤーのような使い方ができる。

低温ファンは最大12時間まで設定可能なため、
ビーフジャーキーやドライフルーツが簡単に作れる。
ジップロックも使用可能。

TSF601-C内容物

TSF601Cでビーフステーキを焼く

◆材料

  • ステーキ用の牛肉         300g
  • 塩                適量
  • サラダ油             適量

◆手順

  • 1
    冷蔵庫から牛肉を出し、30分程度放置して室温に戻す
    今回はアメリカ産牛肉を用意
    牛肉を室温に戻す
  • 2
    キッチンペーパーで牛肉を包み、サラダ油をまんべんなくかける
    そのまま10分程度放置
    ※乾燥を防ぐことと、肉の臭みを取る目的があるとのこと
     牛脂を塗ってもOK
    肉をキッチンペーパーで包み油をかける
  • 3
    天板にアルミホイルを敷き、その上にあし付き網を載せる
    天板にアルミホイルを敷き、網を載せる
  • 4
    あし付き網に牛肉を載せる
    あし付き網に牛肉を載せる
  • 5
    高温ファン➜120℃➜35分でスタート
    (20分経過後にひっくり返す予定)
    高温ファン120℃30分でスタート
  • 6
    20分経過したら肉をひっくり返し、15分焼く
    20分でひっくり返し、15分焼く
  • 7
    15分後、フライパンを熱々に熱する
    コンベクションオーブンで牛肉焼き上がり
  • 8
    フライパンで牛肉を裏表20秒ずつ焼く
    フライパンで肉の表面を焼く
    フライパンで肉の裏面を焼く
  • 9
    焼いた肉をアルミホイルで包み、10分放置
    焼いた肉をアルミホイルで包み10分待つ

ビーフステーキが完成!

ちょっと火を通しすぎかと心配したが、良い色に仕上がっていた。
もう少しレア気味が好きなので、オーブンの時間を短くしても良いかも。

ステーキ盛り付け

ステーキの断面アップ


赤身の部分は柔らかく、とてもジューシーだった!
今まで同じ肉を購入したときはフライパンで焼いていたが、別物になっていた。

ステーキにソースをかける

まとめ

結構お手軽に柔らかく香ばしいステーキができた。
これならなんのテクニックも必要ないので、私のような不器用な者でもできる。

一点気になる部分としては、今回肉汁が余分に出てしまうとの理由で、
ミートソフターなど筋切りしなかったのだが、筋の部分はやっぱり噛み切れない状態だった。全体的ではなく、部分的に使うなどしたほうが良いと思った。

TSF601-C テスコム 低温コンベクションオーブン コンフォートベージュ TESCOM [TSF601C]

価格:14,069円
(2020/1/4 12:19時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました