【レビュー・口コミ】シャオミ(Xiaomi)のスマホMi9を半年使った感想

Mi9を半年使った感想 アイキャッチシャオミ(Xiaomi)関連

私のメインスマホはシャオミのMi9です。
2019年4月にGearBestという香港の通販サイトから取り寄せました。
当時は5万5千円でした。

海外通販は初めての利用だったので、
今考えても思い切ったことをしたと思うのですが、結果オーライでした。

iPhoneやGalaxyのハイエンドモデルと性能が同等のものが、
発売直後にも関わらず5万円台で購入できると聞いて飛びついたのが現状です。

手元に届くまで2週間かかり、ヤキモキしましたが、
無事届きました。(宅配ボックスではなく、郵便受けにねじ込まれてました・・)

グローバルモデルで最初から日本語対応していたため、
設定もすぐに完了し、購入から半年以上経過した今もとても便利に使っています。

半年経過した今では、Amazonで購入可能で、
私が購入した64GBモデルは4万円を切る価格まで下がっていました。

さらに今後については、
2020年にシャオミが スマートフォンで 日本に本格的に進出する
とのニュースがありました。

日本で発売すると価格が高くなるのでは・・
との懸念もありますが、楽しみです。

実際に購入から半年間、私が使っていて便利と思った機能、
使っていないけど便利そうな機能、イマイチな点などをまとめました。
少々長いですが、ご興味を持たれた方はぜひお読みください。

シャオミ(Xiaomi)とは

  • 2010年に中国北京市で創設
  • ロゴマークのmiはMobile Internetの頭文字
  • スマホだけではなく、冷蔵庫やドローンも販売する総合家電メーカー
  • スマートフォンの売上高が世界4位(2018年)
  • スマートウォッチを含む、ウェアラブルバンド
    (腕時計型の端末のこと)の出荷推定数が世界2位(2018年)
  • スマートフォンは日本未進出
    (シャオミが出資したBlackShark2は日本でも販売中)
  • 日本の代理店はTJC株式会社

とにかくスマートフォンやスマートウォッチなどのコストパフォーマンスが抜群!
企業方針が・・・・


「永久的にハードウェア製品の利益率を5%以下に抑え、
  それを超えた分はすべてユーザーに 還元する」

引用元:TJC株式会社

とのことで、会社として大丈夫かと思うものの、
ユーザーにとってはかなり嬉しいメーカーです。

今の高性能なハイエンドと呼ばれるiPhone11やGalaxyS10などのスマートフォンは、
一長一短で細かい差はあれど、性能的に大きな差はありません。

実売価格でいうと、iPhone11は10万円前後、GalaxyS10は8万円前後するのですが、
シャオミのハイエンドのスマートフォンMi9は、
4万円台とiPhone11の半額以下です。

iPhoneは、利益率が30%~40%とのウワサなので、
そりゃコストパフォーマンスは抜けてますよね。

他にウェアラブルデバイス(腕時計型の端末)もコストパフォーマンスが高く、
私もMi band3や、Amazfit paceなど、いくつか所有しています。

シャオミMi9の主な特徴

とにかく機能が多く、
現状のスマホに欲しい機能はほぼ搭載されているのでは・・
と思うくらいの充実ぶりです。代表的なところだけつまみます。

・最高クラスのCPU性能
 2019年12月現在では、Snapdragon855Plusが性能では最高となりましたが、
  Mi9に搭載されているSnapdragon855はそれに次ぐ性能です。
 性能をはかる一つ基準となるベンチマークテストでは、
 今でも世界で発売されているスマートフォンで15位のスコアとなっています。
 (2019年12月次点で1位は、ROG Phone2 約49万点)

 ANTUTU ベンチマーク順位

 私の端末で試しても、約42万点の高いスコアが出ました。
 ANTUTUスコア

 実際に使っていて、ブラウジングや動画再生、
 ゲームで動作が遅くなる事はありません。
 とても快適に使えています。

・美しい有機ELディスプレイ
 今まで使っていたスマホのディスプレイが液晶だったので、
 有機ELは初めてですが、液晶のデジタル感がほとんどなく、
 写真のようにキレイです。

 ※保護フィルムの境目が見えてしまっていますが・・・
 Mi9有機ELディスプレイ

 ・Androidバージョンについて
   購入時点では8でしたが、
   2019年12月現在では10にアップデートされました。
アップデートの回数も他のメーカーと比較して多いと思います。

・UIについて
 MiUIという、シャオミ独自の操作画面になっています。
 この部分が使いづらいとの評価もあるのですが、私は結構好きです。
MiUI

・セキュリティ機能について
 画面内指紋認証、顔認証に対応しています。
 簡易的ながら、ウイルス対策ソフトも入っています。
 MI9 ウイルス対策ソフト

 

 Mi9のスペックについては、下記を御覧ください。
 Xiaomi公式の情報を翻訳したものなので、見づらい部分はご容赦ください。
 さらに詳細はXiaomiの公式ページをご確認ください。

プロセッサーCPU:Qualcomm Snapdragon855
周波数:オクタコアプロセッサ、最大2.84 GHz
クアルコムの最初の三連型設計:
2.84GHz超大型コアx 1 + 2.42GHz大型コアx 3
  +1.80GHz小型コアx 4

GPU名:Adreno640
OS
オペレーティング・システム
MIUI 10
MI Turboをサポート

最適化I / O最適化をサポートする最初の電話
アプリの起動速度の最適化をサポート
18か月使用後の遅延を35%削減
GAME Turboをサポート

カスタムゲームパラメーターのサポート
カスタムゲーム表示の改善をサポート

シューティングゲーム用の4D Touch

CPU / GPUの占有とFPSディスプレイをサポート
ゲームツールはワンタッチスイッチネットワークカード
をサポートしています

ゲームパフォーマンスの向上と
     タッチ応答の最適化をサポート

カスタム境界線制限をサポート
自動輝度無効化、3本指のスクリーンショット、
   および目保護モードをサポート

動的な壁紙とディスプレイ

すべての新しいマルチカラー常時接続ディスプレイ
  現地時間に応じた動的な壁紙の自動変更をサポート
ダークモードをサポート 
記憶領域RAM:6GB
ROM:64GB/128GB
ディスプレイ大きさ:6.39インチ
本体のディスプレイの比率:90.7%
解像度:2340 x 1080  FHD + 403 PPI
明るさ:600nit(HBM)/ 430nit(typ)

GorillaGlass6
防油、耐指紋保護コーティング
HDRディスプレイをサポート
背面カメラSONY 48MP超広角AIトリプルカメラを採用
写真の解像度:最大8000x6000ピクセル
ビデオの解像度:最大3840x2160ピクセル
前面カメラ0.9μmƒ/ 2.0口径の20MP
指紋認証画面内指紋センサー
充電とバッテリーバッテリー容量: 3300mAh(標準)/ 3200mAh(最小)
内蔵充電式バッテリー
USB Type-Cリバーシブルコネクタポート
テュフラインランド認定安全高速充電システム
世界初の20Wワイヤレス充電
WPCワイヤレス充電標準QiミッドレンジパワーEPP認定
27W有線高速充電をサポート
QC4.0急速充電プロトコルをサポート
QC4 +充電プロトコルをサポート
ネットワークと
接続
さまざまなキャリアのデュアルSIMカードの
使用をサポートしています
両方のカードが同時に4G接続にアクセスできます
デュアルNano-SIMスロット。
どちらのカードもプライマリカードとして設定できます

4G + / 4G / 3G / 2Gをサポート
デュアルSIM VoLTE HD通話をサポート

4G:LTE FDD:B1 / 2/3/4/5/7/8/12/20/28LTE
TDD:B38 / B39 / B40
3G:WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B8
TDSCDMA:B34 / B39
CDMA EVDO BC0
2G:GSM:B2 / B3 / B5 / B8
CDMA 1X:BC04x4 MIMOをサポート| HPUE | HO RxD
無線ネットワーク対応している種類:802.11a、b、g/、n、ac
2.4G Wi-Fi 、5G Wi-Fi 、Wi-Fi Direct 、
   Wi-Fi Displayをサポート、WPA3をサポート
Wi-Fi 2x2 MIMOテクノロジーをサポート、
   MU-MIMOをサポート
Bluetooth 5.0、
     Qualcomm TrueWirelessStereo Plusをサポート
AAC、LDAC、
   aptX / aptX-HDオーディオ周波数をサポート 
NFCAndroid Payをサポート
日本のおサイフ携帯は非対応
サイズ高さ:157.5mm
幅:74.67mm
厚さ:7.61mm
重さ:173g
GPSデュアル周波数GPS
L1 / L5周波数のGPS信号を同時に受信
ポジショニングシステム:
GPS:L1 + L5
     Galileo:E1 + E5a
   GLONASS:L1
     Beldou:B1
A-GPSアシストポジショニング
   電子コンパス
   無線ネットワーク
   データネットワーク 
スピーカーウルトラリニアスピーカー
Smart PAで増幅された大音量のオーディオ出力
0.9cc大型スピーカーボックスに相当
深みのある低音のための低音素材を追加 
オーディオ再生MP4 、 M4V 、 MKV 、 XVID 、 WAV 、 AAC 、 MP3 、 AMR 、 FLAC 、 APE
ビデオ再生H.264、MPEG4、VC-1、VP8、VP9をサポート
HDR10ビデオコンテンツの再生時に
HDRディスプレイをサポート 
センサー超音波近接センサー
画面内環境光センサー
加速度計
ジャイロスコープ
電子コンパス
リニアモーター
IRリモートコントロール
カメラレーザーフォーカシングセンサー
パッケージ内容mi9本体
保護カバー
電源アダプタ
USB Type-Cケーブル
Type-C-オーディオアダプティブケーブル
SIMイジェクトツール
ユーザーガイド
保証書

参照:Xiaomi公式mi9のスペック情報

Mi9の個人的に使っていて便利な機能

Mi9にはAndroidに搭載されている機能の他に、便利機能が多数搭載されていますが、
その多さに把握しきれず全く使い切れていません。
現時点で個人的に便利に使っている機能をご紹介します。

  • ストレスが少ない画面内指紋認証
  • チラ見で確認できるアンビエント表示
  • 慣れると戻れないジェスチャー機能
  • 片手操作を補完するクイックボール

ストレスが少ない画面内指紋認証

慣れると指紋マークが出ていなくても、その辺りに指を置くと認証されます。
以前使っていたスマホの背面の物理指紋認証と比較すると少し遅いかも知れませんが、
使っていてストレスを感じることはほぼありません。
後述しますが、カメラの出っ張りのせいで机の上に置いた状態での指紋認証は厳しいです。
MI9 画面内指紋認証  画面内指紋認証

アンビエント表示
 待受状態でも時刻、日付、バッテリー状態、電話、
 LINEの通知などが表示されます。
 チラッと画面を見るだけで時刻や通知を確認できるので、
 とても重宝しています。
 焼付き防止のためか、ちょこちょこ表示される場所は移動します。
 Mi9アンビエント表示 アンビエント表示設定

 表示するテーマも多数用意されています。
 購入当初は少なかったのですが、
 MiUIがアップデートするたびに増えていきました。
 アンビエント表示 種類 アンビエント表示 種類
 バッテリーの消費については、アンビエント表示オンとオフでは、
 あまり差がないと感じています。
 ちなみに鞄の中に閉まっているときなどは、消灯しています。

ジェスチャー機能
 iPhone11でも搭載されているジェスチャー機能ですが、
 これも便利でジェスチャーなしではやっていけなくなりました。
 半年前よりジェスチャーのパターンが増えました。
 ジェスチャー1ジェスチャー2

クイックボール
 よくつかうメニューを呼び出す機能です。
 私は片手モードや、スクリーンショットをよく使うので、
 どのボタンだっけ、同時押しだっけ・・・?
 となりやすい私はよく使います。

  特定のアプリを設定することも可能です。
  普段は画面の端に隠れていて、指で軽く触れるとメニューが出てきます。
  クイックボール クイックボール表示

 割り当てられる箇所は5箇所で、初期状態では下記が設定されています。
 クイックボール 割当
 上記以外では、下のメニューに入れ替えが可能です。
   ライト
     電源ボタン長押し
   キャッシュクリア
     ホーム
     任意のアプリ

 これももう少しクイックボールに登録できるメニューが増えると
 もっと重宝すると思います。

mi9の人によっては便利かも・・な機能

  • ワイヤレス充電
  • DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)
  • デュアルアプリ
  • セカンドスペース
  • NFCを搭載

ワイヤレス充電
 シャオミ純正の充電器だと20W急速充電に対応。
 私はリング付きのスマホケースを使っているので、
 Ankerのワイヤレス充電器を所有していますが、この機種では使っていません。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)
 2枚のSIMカードを装着して使える機能。
 私は使っていませんが、考えられる用途としては、
 格安SIMで1枚を通話用として契約、
 もう1枚を大容量のデータ用で使い分けるなどがあります。

デュアルアプリ
 通常は1台に付き1つしか使えないLINEなどが、2つ使えます。
 プライベート用、仕事用など使い分けることが可能です。
 デュアルアプリ

セカンドスペース
 Androidをもう一つアカウントを増やすことが出来る。
 別のスマホのように使用可能。
 Windowsのユーザー切り替えのようなものになります。

NFCを搭載
 残念ながら、日本のおサイフ携帯としては使えないのですが、
 マルチ残高リーダーというアプリで
 カードにチャージしている残高が見れます。
 Suicaやnanaco、Waonなど多数のカードの残高が見れます。
 マルチ残高リーダー
 この画像はPiTaPaのチャージ残高です。

ノッチを隠す
 Mi9のノッチは小さいですが、気になる方は設定で隠すことができます。
 ノッチを隠す

Mi9のイマイチなところ

  • au系の格安SIMはほぼ使えない
  • カメラがかなり出っ張っている
  • microSDは非対応
  • バッテリーの持ちが少し物足りない
  • イヤホンジャックなし
  • 技適マークは未取得

正直なところ、個人的にはイマイチな点はあまり見当たりませんでした。

格安SIMではソフトバンク系が一番相性が良いようです。
次点はdocomoですが、プラチナバンドのB19に非対応です。
都市部だと問題ないかと思いますが、地方はキツイかも。

私は神戸市の山奥でdocomo系を使っていますが、今の所不便は感じていません。
auは残念ながら絶望的とのこと。
2020年以降の日本進出後は変わってくるかもしれません。

カメラの出っ張りは、結構すごいです。
机に置くと右側が浮いて、操作するとカタカタ鳴ります。
指紋認証は机の上ではやらないほうが無難です・・
Mi9カメラの出っ張り

microSDは、個人的に対応してほしかったですが、
今の所は不便を感じていません。
ただ、セールなどで128GBなど容量が大きい機種も価格差が少なくなることがあるので、次は大容量の価格が下がってから購入しようと考えています。

バッテリーは3300mAhと特別少なくもないですが、
もう少し持てばとは思います。
私の使い方では1.5日でバッテリーが切れる印象です。

イヤホンジャックについては、私は普段Bluetoothイヤホンで音楽を聴いているので、
これも不便を感じていません。

技適マークについては、ネットで意見が様々あるものの、
現時点では技適マークなしのスマホを使うのは違法となる可能性があります。
ただ、11月頃に発売になったMiNote10では、
発売当初はなかった日本の技適マークが、アップデートで表示された
とのことのため、
今後はシャオミの各スマホに表示される可能性はあります。

GearBestなどの海外通販や、中華系スマホを使う場合のリスクについて

シャオミのスマホは、GearBestやEtoren、Banggoodなど、
中華系の海外通販サイトで扱われています。
Amazonでも販売されており、海外の業者が出品している場合があります。

・故障やトラブル時のサポートがない 
 初期不良は別にして、基本的にトラブル時には
 自分で対処する必要があります。 
 シャオミの場合、2019年現在はまだ日本に進出していないため、
 ファーウェイなどと比較して日本語の情報が圧倒的に少ないです。

 初期不良は購入店に対応を依頼できますが、
 故障した場合は、中華スマホ 修理 などWebで検索して、
 修理できるお店を探す必要があります。 

 シャオミの場合、TJC株式会社が日本の代理店をしているので、
 修理の相談は出来る可能性はあります。 

・情報漏えいの可能性 
 中国系企業のファーウェイや、ZTEなど、
 スマートフォンに登録されている個人情報を抜き取っているとのニュースは
 過去何度か流れています。シャオミについても同様です。

まとめ

今回のMi9のような、日本で発売されていない
SIMフリースマートフォンについては、
基本的に自己解決が前提となります。

私は半年ほど前から中国系の海外通販を10数回利用していますが、
運が良いのか一度も初期不良などのトラブルにはあっていません。

Mi9については、私の場合、
ミドルクラスのスマートフォンからの乗り換えなので、
当たり前ではありますが、満足感は非常に高いです。
Mi9は価格はミドルクラス並みですから!

アプリなどの動作で待たされることは通信関係以外では記憶にないです。
家はNTTの固定回線なので、Wi-Fiで使っていると
ストレスを少しも感じたことがないくらいです。
リスクも加味した上での利用となりますが、大きな選択肢の一つになるかと思います。

2019年12月現在では、Mi9の後継のMi9T Pro(Redmi K20 Pro)が発売されています。
バッテリー容量が3300mAhから4000mAhに増え、画面内のノッチがなくなり、
インカメラはポップアップ式に、イヤホンジャックも付いています。
ご興味がある方は一度ご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました