Windows10 切り取り & スケッチで画面の切り取り(スクリーンショット)する方法

スケッチアイキャッチ画像PC関連

会社員をしていると、Windows標準のソフトしか使用できないことがよくあります。
その中でも画面の切り取りにSnipping Toolをよく使ってきましたが、
Windows10では廃止されるとのウワサを聞きます。

最近ではSnipping Toolでこのようなメッセージが表示されるようになりました。
Snipping Tool

上記のメッセージ内にもある通り、今後はこの「切り取り & スケッチ」の方に力を入れていくようなのですが、最初はどうも使い勝手がイマイチでした。

しばらく触ってみてSnipping Toolと同じように使えるようになってきたので
ご紹介します。この記事の画像も切り取り & スケッチで撮っています。

切り取り & スケッチの起動方法

タスクトレイの空いているところ、または、日付が表示されている箇所で右クリック
タスクトレイ初期


「Windows link ワークスペースボタンを表示」をクリック
タスクバー右クリック

このようなアイコンがタスクトレイに表示されますのでクリック
タスクトレイ

真ん中あたりの「切り取り & スケッチ」をクリック
Windowslinkワークスペース


現在の画面を表示した状態で、「切り取り & スケッチ」が起動します。
切り取り_スケッチ初期

この別ウインドウの中でマウスでドラッグして切り取り作業をするのですが、
これが慣れない・・・・。

せっかく定規が追加されて、Snipping Toolではフリーハンドで書くしかなかった、
真っ直ぐなアンダーラインが引けるようになったのに。

というわけで、使いながらSnipping Toolと同じような使用感にできたので、
使い方をご紹介します。

切り取り & スケッチの使い方

これは私だけの使い方かもしれませんが・・
使い慣れたSnipping Toolと似た感覚で使用する方法です。
まず、切り取り & スケッチのウインドウをマウスのドラッグで小さくします。
ウインドウ縮小

タスクトバーの「切り取り & スケッチ」のアイコンを右クリックし、
「タスクバーにピン留めする」をクリック。

タスクバーにピン留め

これで次からタスクバーから「切り取り & スケッチ」が起動できます。
切り取り_スケッチアイコン

タスクバーのアイコンから起動すると、
ほぼ(?)Snipping Toolと同じくらいのサイズになります。

※横を縮めすぎると、メニューが下に移動します。
切り取りツール比較

タスクバーのアイコンから起動すると別ウインドウにならず、
定規を使って真っ直ぐな線も引けます。

定規

アンダーライン

マウスホイールで角度を変更できます。
定規は分度器にも変更でき、ペンは太さを変更できます。
設定から「Print Screen」キーで起動するようにも変更できます。

後は文字を囲えたりとか、矢印など簡単な図形も挿入できると
ペイントの出番が減るかと思います。

まとめ

おそらく今後フェードアウトしていくであろう、Snipping Toolの後継(?)の
「切り取り & スケッチ」の使い方についてでした。

高機能なソフトも良いですが、こういった機能を絞ったソフトは使用機会が多いので、
できるだけストレスや違和感なく使いたいです。

タイトルとURLをコピーしました