【レシピ】低温コンベクションオーブンTSF601-Cでローストビーフを作ってみた

ローストビーフ アイキャッチ調理家電

このコンベクションオーブンを購入し、せっかく低温ファンモードがあるのに、ビーフジャーキーしか試せていなかったので、
今回はローストビーフを作ってみることにした。

牛もも肉は、近くのスーパーでオーストラリア産のかたまり肉が売っていたので400g購入。
レシピはネットで探して、一番美味しそうな内容を参考にした。
結構待つ時間が長いので、試される方はお時間があるとき推奨。

常温に戻すために冷蔵庫から出して放置、塩こしょうして放置、
焼き色つけて放置、コンベクションオーブンで焼き上がってからも放置・・・。

でも、たしかにちょうど良い感じに仕上がり、出来上がりには満足した。

コンベクションオーブンTSF601Cを準備

我が家で使っているコンベクションオーブンは、テスコムのTSF601C。
別名で低温コンベクションオーブンと呼ばれている。

今回の特に揚げ物の温め直しはもちろん、
冷温ファンモードで最大12時間までセットできるため、
フードドライヤーとして、ビーフジャーキーやドライフルーツも作れる。

TSF601C

コンベクションオーブン TSF601Cで作る ローストビーフのレシピ

◆材料

  • 牛もも肉           400g
  • 塩              適量
  • こしょう           適量

◆手順

  • 1
    牛もも肉を冷蔵庫から出して30分程度放置
    牛もも肉を冷蔵庫から出して放置
  • 2
    ミートソフターでザクザク筋切りする
    ミートソフターで筋切り
  • 3
    塩こしょうをまんべんなく振り、10分程度放置
    塩こしょうをまんべんなく振り、10分放置
  • 4
    フライパンを熱して、全体的に焼き目をつける
    フライパンで牛もも肉に焼色をつける
  • 5
    フライパンから牛もも肉を取り出して5分ほど放置
  • 6
    天板にアルミホイルを敷き、牛もも肉を載せる
    天板にアルミホイルを敷く
  • 7
    高温ファン➜80℃➜40分でスタート
    低温ファン80℃40分でスタート
  • 8
    焼き上がり後、オーブンから出して30分程度放置

ローストビーフが完成!!

見た感じは、オーブンに入れたときと同じように見える。
音も湯気もないが、良い匂いがする。


包丁の扱いは置いておいて、、個人的にはバッチリな出来だった!

まとめ

時間は結構かかったが、火の通りもちょうど良く、満足できる出来だった。
手順もシンプルなので、興味がある方は、お時間がある時にお試しを。

TSF601-C テスコム 低温コンベクションオーブン コンフォートベージュ TESCOM [TSF601C]

価格:14,069円
(2020/1/4 12:19時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました