【レシピ】低温コンベクションオーブンTSF601-Cで冷凍食品を調理してみた

冷凍食品 アイキャッチ調理家電

平日は帰りが遅いので、確実にお世話になる冷凍食品。
特に鶏の唐揚げは良く食べるので、今回備忘録を兼ねてコンベクションオーブンの
どのような設定で調理するのが良いのか、
鶏の唐揚げとフライドポテトで試してみた。

テスコムの低温コンベクションオーブンTSF601-C とは

低温から高温まで1台6役のマルチオーブン
オーブン調理、トースト、ノンフライ、発酵、乾燥、低温調理が可能

・低温ファンモードでビーフジャーキーやドライフルーツなどの乾燥調理ができる
・高温ファンモードでパンも焼ける、唐揚げも作れる

・スーパーのお惣菜(揚げ物、焼き物)の再調理ができる

食パンをトーストしたり、スーパーのお惣菜や揚げ物をリクックしたり、
お菓子を焼いたりなどの、通常のコンベクションオーブンの機能とは別に、
低温コンベクションのモードがあり、フードドライヤーのような使い方ができる。

低温ファンは最大12時間まで設定可能なため、
ビーフジャーキーやドライフルーツが簡単に作れる。
ジップロックも使用可能。

テスコム低温コンベクションオーブン

鶏のから揚げ

◆材料
   ・冷凍のから揚げ          150g
今回はスーパーにたまたまあった鶏の唐揚げを使用
  レンジ用と記載されているが、気にしないことに・・
冷凍の鶏の唐揚げ

◆手順
ネット上にあまり情報がなく、揚げ物全般のレシピを参考にした。
途中でひっくり返す手順だが、最終的には、ひっくり返さず10分で大丈夫だった。

・天板にアルミホイルを敷く
  (くっつかないホイルがあると便利)
くっつかないホイル
天板にホイルを敷く

・天板に冷凍のから揚げを並べる
天板に冷凍の鶏の唐揚げを並べる

・高温ファン➜230℃➜8分でスタート
 途中で裏表をひっくり返す予定
高温ファン、230℃、8分でスタート

・8分後、出来てそうに見えるところをグッとこらえ、から揚げをひっくり返す
途中で鶏の唐揚げをひっくり返す

・設定はそのままで、8分追加
高温ファン、230℃、8分でスタート

・完成!
ちょっと焦げたところもあるけど、概ね出来ている感じ
鶏の唐揚げ完成

中はちゃんと火が通っているが、衣がちょっと固い・・
そもそもひっくり返す必要もないのかも。。
鶏の唐揚げ 盛り付け
鶏の唐揚げ中身

途中でひっくり返さず、設定はそのままで10分で再チャレンジした結果、
中も火が通っており、外はカリカリに仕上がった。
鶏の唐揚げ10分

フライドポテト

◆材料
・冷凍のフライドポテト      200g
冷凍のフライドポテト

◆手順
 ・天板にアルミホイルを敷く
  (くっつかないホイルがあると便利)
天板にアルミホイルを敷く

・天板にフライドポテトを広げる
冷凍のフライドポテトを天板に並べる

・高温ファン➜220℃➜15分でスタート
高温ファン、220℃、15分

・15分後に完成!
お好みのフレーバーを振りかけて混ぜる
今回は塩のみ
フライドポテトが完成

多少の焼き加減のばらつきはあるものの、個人的にはほぼ完璧な焼き具合だった。
ジャンキーさを求めるには最初に油をスプレーしても良いかも。
フライドポテトを盛り付け

まとめ

冷凍から揚げについては、メーカーや種類によって1個1個の大きさが違うので、
微調整が必要そうだが、フライドポテトについては、
細切りタイプであれば同じ設定で行けそうに感じた。

おそらく今後、結構なペースで冷凍食品にはお世話になるので、
より良い設定が見つかれば更新していきたいと思う。

TSF601-C テスコム 低温コンベクションオーブン コンフォートベージュ TESCOM [TSF601C]

価格:14,069円
(2020/1/4 12:19時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました