【レシピ】ロティサリーグリル&スモーク(NBRDX100)でローストビーフを作ってみた

ロティサリーグリル ローストビーフのアイキャッチ調理家電

前回作った焼豚がとても美味しかったので、勝手にテンションが上がり、
今更ながら定番のローストビーフを作ることにした。

このNBRDX100は、肉を焼いているときの動きが、ライトアップされて、
キラキラした肉を回しながら少しずつ焼いていくという、
いかにもかたまり肉を焼いている感じなので、ずっと見ていられる。

このオーブンを買って置きながら、今までローストビーフを試していなかったので、
宝の持ち腐れ感がすごいが、ようやく今回試すことができた。

結果は、さすがは肉を焼くためのオーブンと唸るくらいの美味しさだった。
ホットクックの低温調理+バーナーもかなり美味しかったが、
それを超えたかも。

ホットクックは3時間くらいかかるが、このオーブンだと35分くらいで焼ける

ロティサリーグリル&スモーク(NBRDX100)とは

NBRDX100
  • 遠近赤外線ダブル加熱と回転機構でかたまり肉を炙り焼き
    「360°回転ロティサリーグリル」
  • グリル・燻製・オーブン・トースターの機能を搭載「1台4役のマルチユース」
  • 調理中の煙と くんせい調理時に気になるにおいを軽減「減煙・減臭機構」

サイズ:幅40.5cm × 高さ28cm × 奥行き41.6cm
重量:8.6kg
実売価格:27,000円前後

ロティサリーグリル&スモークでローストビーフを作る

◆材料

  • 牛赤身肉        350g
  • 塩           小さじ1
  • こしょう        少々
  • にんにく(チューブ)   1cm

玉ねぎソース

  • 玉ねぎ         100g
  • しょうゆ        大さじ2
  • みりん         大さじ2
  • 料理酒         大さじ1
  • にんにく        小さじ1

◆手順

  • 1
    牛赤身肉をミートソフターでザクザクにする
  • 2
    牛赤身肉に、塩、こしょうを振って、にんにくを揉み込み、
    15分程度放置
  • 3
    肉の水分を軽く拭き取り、ロティかごに入れる
  • 4
    「オートメニュー」の「ローストビーフ」「弱」でスタート
  • 5
    玉ねぎソースを作る
    玉ねぎをすりおろす
  • 6
    すりおろした玉ねぎに下記を加え、煮立たせる
    • 玉ねぎ         100g
    • しょうゆ        大さじ2
    • みりん         大さじ2
    • 料理酒         大さじ1
    • にんにく        小さじ1

ローストビーフが完成!!

完成の少し前から、お肉が焼ける良い匂いがしていた。
これは期待できるのでは!

焼豚と同じく、ムラなくバッチリ焼けていた!

外はこんがり、中は柔らかく、ほどよい噛みごたえもあって、とても美味しかった!
これはホットクックの低温調理より美味しいかも。

玉ねぎソースは、玉ねぎを上手く擦れなくて若干失敗だった。
肉の出来がメチャクチャ良かったので、どうでも良くなったが。。

まとめ

近うちにまた作ろうと思ったくらい良い出来だった!
やっぱり、かたまり肉専用のオーブンだけあって、別格かも。

このオーブンは燻製と、かたまり肉のシリーズで攻めようと思った。

唯一の欠点は、肉を焼いたあとのロティかごとか天板を洗うのがダルいところか・・・。

タイトルとURLをコピーしました