パナソニック ロティサリーグリル&スモークで失敗した話

ロティサリーアイキャッチ調理家電

失敗の始まり

塊肉の調理については、ホットクックでの低温調理&バーナーの組み合わせが
最高と思っていたが、
また、Youtubeでパナソニックのロティサリーグリル&スモーク(NB-RDX100-K)の、
紹介動画を観てしまった。

塊肉をゆっくり回転させながら、ライトアップされながら
焼かれていく姿をみていると、
目が回ったのか、気がついたらアマゾンでポチっていた。
いつもより少し高かったのに。。お金なんてないのに。。。

ロティサリーグリル&スモークが届く

遠足を楽しみにする子供時代のように、スーパーで特価の塊の牛肉を購入し、
肉を漬け込む調味料やジップロックを買い揃えた。

届き次第すぐに焼けるようにタレに塊肉を漬けこんだ。
棚の最上段の古いトースターを下ろし、置き場所も整えた。
結局眠れずに、そのまま朝を迎えた・・。

寝てないせいかテンション高く商品を受け取り、
思ったより多い部品に戸惑いながらも、何とか牛肉の塊を網にセットし、
スタートボタンを押す。

すると、Youtubeで見るよりも、結構明るいライトで肉が照らされ、
網に囲まれた肉がゆっくり回転していく。
ロティサリーチキン起動
おお~・・とか1人で感動し、しばらく見つめていた。
これだけでも買って良かったと自己正当化まっしぐらだった。

焼き上がるまで40分もかかるのだが、待っているのも幸せだった。

異音?イオン?

ロティサリーグリル&スモークの明るいライトを顔に受けながら、
床に散らばったダンボールや梱包材を片付けていると、カタンっと音が鳴った。

オーブンの方から鳴った気がしたが、まあ、気にしなかった。
しかし、数十秒後にまたカタンっと鳴った。

眩しいなか、オーブンの中を凝視すると、
右側の軸が空回りしているではないか・・!

しまった、トレイの差し込み口を間違えたか、と思い、
一旦オーブンを止め、トレイを取り出して再度ガチャッと音がするまで差し込む。

再度スタートさせたが、やはり肉を持ち上げるところで力尽きて空回りしている。。

肉を回転させながら焼いていくのに惹かれて買ったのに、
回らないのでは意味がない・・・。
ネットで症状を検索しまくったが、Google先生もこのような症状はご存じなく、
メーカーにメールで相談すると、結局初期不良で無償修理となった。

修理メール

まとめ?

10日程度で戻ってきて、無事使える状態と確認した。
が、すっかり最初の熱は冷めており、何よりまた音が鳴るのでは、、
と恐怖に怯えていたため、ほとんど焼き上がるまでオーブンを凝視するハメになった。

いや、出来上がったお肉は美味しかったですよ。ええ。

結局、初期不良を引いたっていうお話です。
ちゃんと動きさえすれば良い家電だと思いますよ・・。
私が買ったときは3万円を超えてましたが、今は2万円台が多いようです。

気を取り直して、色々作っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました