【レシピ】ホットクックで定番のローストビーフを作ってみた

ホットクックでローストビーフ調理家電

私の中で、ホットクックがなければ、
生きてて作ることがない料理の代表格のローストビーフ。

いや、ホットクックを購入してから、焼豚とか、豚の角煮とか、牛すじのどて焼きとか、一生作ることがないと思っていた料理ばかり作っている。

ホットクックは温度管理が完璧にできるので、低温調理ができる。
今回も牛肉のかたまりを61℃の2時間で設定して作ってみた。

私は焼色がある方が好きなので、最後にバーナーで炙った。
レシピはクックパッドで上位に表示された内容を参考にした。

ホットクックを準備

我が家はKN-HW24C-Rを使用中
 ホットクック

ホットクックのローストビーフのレシピ

◆材料
牛肉          今回は289g
玉ねぎ         半分
にんにくチューブ    少々
しょうがチューブ    少々
赤ワイン        大さじ1
しょうゆ        大さじ5
みりん         大さじ5
塩           小さじ1
こしょう        小さじ1

◆手順
冷蔵庫から牛肉を取り出し、私の中ではおなじみの
ミートソフター先生にご登場していただく

 ミートソフター登場

ザックザクにする(やりすぎるとボロボロになるのでほどほどに・・)
 ミートソフターでザクザクに

これくらい穴が空いても、出来上がると気にならなくなる・・はず
 筋切り後

塩、こしょうを刷り込む
 塩コショウを刷り込む

このまま30分ほど放置
牛肉の温度を室温にすることと、
味をなじませる目的があるようだ

この間にタレを用意する
玉ねぎを半分に切り、半分は冷蔵庫へ仕舞って、半分はすりおろし、
しょうゆ  大さじ5
みりん      大さじ5
にんにく  少々
しょうが  少々

を加えてよく混ぜる
※牛肉を漬け込んだ後、最後に加熱するので、その時に赤ワインを加える
 タレを作る

ジップロックに、肉とタレを入れる
 ジップロックにタレを入れる

ホットクック(私のは KN-HW24C)に半分くらい水を張り、
ジップロックに入った牛肉を沈めて空気を抜きながらジップを閉める
 ホットクックにセットする

「低温をする」➜「61℃」➜「2時間」に設定してスタート
水からなので、温度が61℃に達してから2時間かかる
 61℃
 2時間に設定

できあがるまで放置・・・。

だいたいいつも、できあがりの10秒前に「あと10秒です」と声で教えてくれる。

ジップロックから肉を取り出し、フライパンに載せてバーナーで炙る
フライパンなのでそのまま焼いても良いが、私が下手なので、
火を通しすぎるのが嫌でバーナーにした
 バーナーで炙る

肉をフライパンから取り出し、ジップロックに残ったタレと、
赤ワインを入れて沸騰させる

肉を切り、お皿に並べて完成!
 完成
早速一口、
美味しい!
以前クックフォーミーで作ったローストビーフは、
もう少し歯ごたえがあり、肉肉しい美味しさだったが、
ホットクックで作ると、とにかく柔らかく仕上がった。

ソースに関しては、少し濃い味付けで、完全にビールが欲しくなった。
後でご飯にかけてみよう。

まとめ

自分の料理がうまくなったとカン違いするが、
ホットクックが壊れでもしたら元の何もできない人に戻る。いや、縁起でもない・・。

今回は比較的簡単なレシピだったが、時間がある時にソースなどに手をかければ、
もっと美味しくなると思った。

あと、ミートソフター先生は、いつも良い仕事をしてくれてる。

タイトルとURLをコピーしました