【レシピ】ホットクックの低温調理機能で焼豚をつくってみた

ホットクック焼豚のアイキャッチ画像調理家電

今回はホットクックを使って、焼豚(煮豚?)を作ります。
もう結構定番化した感がある低温調理です。

ホットクックは手動設定の温度が35℃~90℃まで細かく設定できます。
35~65℃まで(1℃単位)、65~90℃まで(5℃単位)

設定温度に到達したあとに最大16時間まで設定可能です。
(設定した時間から最大6時間まで延長可能)

調理前の準備

用意した道具
 ・ミートソフター
 ・ジップロックLサイズ1枚
 ・ホットクック KN-HW24C

 材料
  ・豚肩ロース       420g
  ・醤油            50cc
  ・料理酒           50cc
  ・みりん                   50cc
  ・砂糖                      小さじ1
  ・チューブにんにく      少々
  ・チューブしょうが      少々
  ・はちみつ                  少々
  ・顆粒だし                ひとつまみ程度

調理開始

肩ロースを柔らかくすることと、味を染みやすくするため、
ミートソフターを使います。

 ミートソフター画像
 
 ミートソフター
ザックザクにすると日頃のストレスも解消されます。
※やりすぎると貫通してまな板が傷つくのでご注意を・・

肩ロース以外の材料を鍋に入れ、アルコールを飛ばすために煮きります 。
あら熱が取れたら、ジップロックに入れ、肩ロースも投入します 。

 ホットクックに肩ロース投入

ホットクックの内なべに水を張り、先ほどのジップロックを沈めて
空気を抜きながら閉めていきます。

 ジップロックの空気抜き

手動の温度を63度、調理時間を8時間に設定してスタート
「手動で作る」➜「発行・低温調理をする」➜「63℃」➜「8時間」

 設定63℃
 調理時間8時間
 調理開始

一旦ホットクックのことは忘れます 。
ちょこちょこホットクックが喋り出すのでビックリします。

8時間経過・・・完成!!

待ちに待ったというか、さすがに8時間は忘れてました。
ホットクックから「残り10秒です」とのお知らせが・・。

いそいそとジップロックから肩ロースを取り出します。
 煮豚完成

早速、フライパンに載せて、バーナーで炙りました。
 バーナーで炙る

完成!!・・焦げた
 炙り完了
 焼豚完成

できあがった焼豚は、しっとりとしていて柔らかく、
それでいて適度な歯ごたえもあり、とても美味しかったです。

漬け込んだタレも、最初に味見した時よりまろやかになっていました。
焼豚をひたして食べると美味しかったです♪

まとめ

今回の調理時間:8時間15分

15分だけ手を動かして、
後はホットクックにおまかせでした。
今回は豚肉でしたが、やっぱり牛肉も食べたいですね。
次はローストビーフに挑戦してみます・・・ホットクックが。

タイトルとURLをコピーしました