【レビュー】リモコンシャッター付き!自撮り棒にもなる三脚

自撮り棒にもなる 三脚Amazonで買ったもの

ブログの写真をスマートフォンで撮っているが、
静止画はともかく、動画はブレブレなことが多い。

私が見ていても苦痛なのに、他の方にはとても見せられない。
仕方なしに三脚を探すことにした。

とりあえずは小型でスマートフォンを固定できればいいか・・。
と三脚についての想像力が全くない状態なので、
いろんな人のレビューを読みまくった。

その結果ようやく買ったのが、BlitzWolfというメーカーの三脚だった。

BlitzWolfの特徴

三脚と自撮り棒の二役。
6インチまでのスマートフォンで使用できる。

付属品一覧。多言語(日本語含む)の説明書が入っていた
付属品
ヘッド部分は360°、クランプ部分は225°回転することができる。
各部

長さは、最大に伸ばしたときで67cmだった。
最大の長さ

三脚の状態だと、約60cmくらいになる。
三脚


胴体にはBluetooth(ブルートゥース)のシャッターリモコンが付いている。
リモコン

取り外してBluetoothでスマホのカメラのシャッターが切れる。
リモコン

リモコンのカメラマークのボタンを3秒間押すと、ペアリング待機状態になる。

スマホ側で「BW-BS3」をタップするとつながる。
Bluetooth接続画面

これでスマホから最大10メートル離れた場所からシャッターが切れる。

BlitzWolfのデメリット、メリット

デメリット
・伸ばしたとき不安定になる
三脚として使うときに、一番短い状態でも少し不安定な印象。
長く伸ばすと、ちょっと手を触れたら倒れそうなくらい。

 ・耐久性が心配
軽いためか、プラスチックの部分が多いので、
関節のあたりはすぐ折れそうな気がする。特に三脚の部分はちょっとこわい。

メリット
・軽い 
とにかく軽い。 
Amazonでは148gと記載されていた。ただ、測ってみると151gだった。
重さ

・小さい 
一番縮めた状態で約20cmと、鞄に入れても邪魔にならない。

・シャッターが切れるリモコンが付いている
これは便利だと思った。
   撮る対象によっては自分が写り込んでしまったりするので・・。
反応も良かった。

・自撮り棒にもなる
 あまり自撮りはしたことないし、する予定もないが・・。

まとめ

結構お手頃な価格で、便利な三脚が手に入ったと思う。
この三脚を使ってブレない写真をガンガン撮って行きたい。
購入した価格は2,400円くらいだったが、頻繁にタイムセールを実施しているようだ。

タイムセール

タイトルとURLをコピーしました