【レビュー】コードレスハンディクリーナーSUIRYU(吸龍)を使ってみた

SUIRYU ハンディクリーナー アイキャッチAmazonで買ったもの

コードレスのハンディクリーナー。
吸引力が強くてお手頃なものを探しているが、なかなか見つからない。
有線だと良いのがあるのかも知れないが、電源コードを伸ばして差してってのが、面倒くさい。使いたい時にサッと使いたい。

部屋の掃除はロボット掃除機におまかせしているが、
さすがのロボット掃除機も机の上は掃除できない。
コードレスのハンディクリーナーは、過去にもいくつか使ってきたが、
どれも吸引力が弱く、結局使わなくなることが多かった。

今は、ブラックアンドデッカーのWD7201Gを使っているが、
吸引力がもう少し強いものが欲しい。

ダイソンは良いんだろうけど、ちょっと、だいぶ高い・・。
Sharkは・・性能がよくわからない上にちょっと高い・・。
Amazonは相変わらず、サクラレビュー満載のハンディクリーナーが満載・・。

そんな時に家電批評を見ていると、ちょうど良さげなハンディクリーナーが載っていたので、
SUIRYUとやらのハンディクリーナーを早速使ってみることにした。

SUIRYU(吸龍)の特徴

ハンディクリーナーSUIRYU

連続使用時間:22分
本体サイズ:38cm×13.5cm×14cm
本体重量:810g
使用タイプ:乾湿両用
充電可能回数:500回以上
充電時間:2~3時間

充電は立てた状態で行う
SUIRYU充電中

付属品は全部で12種類と結構多い。
ホース状のノズルや替えのステンレスフィルターが付いていた。

今まで使っていた、ブラックアンドデッカーのWD7201Gと比較してみた。
ほぼ同じ価格帯で、充電時間と連続使用時間が結構違う。
吸引力はSUIRYUの方が強かった。

WD7201GSUIRYU

WD7201GSUIRYU
価格5,485円5,580円
サイズ(幅×奥行×高さ)39cm×12cm×15.5cm38cm×13.5cm×14cm
重量700g810g
連続使用時間約8分約22分
充電時間約10時間約2~3時間
使用タイプ乾湿両用乾湿両用

SUIRYU(吸龍) を使ってみた

これは、わざとではなく、鈍くさい私が小麦粉をこぼしたところ・・・。
本来はハンディクリーナーの役割ではなさそうだが、試してみた。

音は標準的な掃除機並み。
排気が迫力ある割に吸引力がメッチャ強いかと言われると、
まあまあ。コードレスハンディクリーナーにしては、今まで使ってきた中では強い。

まあ、こんなものかなと言う感じ。
大体吸い取ってくれた。

まとめ

全体的に平均点以上にまとまった印象だった。
価格はやや高めの5,480円だが、重量は軽めで吸引力もまあまあ強めで、
連続時間も22分と長め。フィルターやダストカップは水洗い可能で、
アタッチメントも多数付いている。バッグも付いている。

購入から1ヶ月以上使っているが、不満点はあまり見当たらない。
何かこぼしたらすぐにこのハンディクリーナーを使っている。

もっと良いものが出てきたら買い換えると思うが、
しばらくは使ってみようと思う。

タイトルとURLをコピーしました