【レビュー・口コミ】スマートリモコン(NatureRemo)をアレクサと連携してみた

Amazonで買ったもの

せっかく我が家にはアレクサとGoogl Homeがあるのに、
これまで今ひとつ活かせていなかった。

私のスマートスピーカーの用途としては、
  音楽再生
  キッチンタイマー
  天気を聞く
  電子書籍を読み上げてもらう
  クックパッドのレシピを見る
くらいか…

せめて家電の操作くらいやってみたいと思った。
ただ、家電と連携するにはスマートリモコンと呼ばれる機器が必要で、
さらにアレクサやGoogleホームとは専用アプリで連携させる必要があった。

購入当時、スマートリモコンの種類も結構あり、評価もバラバラだった。
特に評価が高い商品もなかった。
ただ、スマートスピーカーと連携できるものはあまり種類がなく、あまりイメージは湧かなかったが、NatureRemo(ネイチャーリモ)を思い切って買ってみることにした。

アレクサやGoogle Homeと連携させた結果、劇的とまでは行かないが、
かなり便利に感じるようになった。
疲れて帰って来たときや、荷物が多いときに特に感じる。

NatureRemo(ネイチャーリモ) の特徴

ざっくり言えば、かべに貼り付ける学習リモコンだと解釈している。
最初にネイチャーリモにエアコンやテレビ、扇風機などのリモコンの赤外線を覚えさせる。

リモコンのように直接押せるボタンはついていないが、
スマートフォンにネイチャーリモのアプリを入れると、
アプリからエアコンなど家電の操作ができる。

普段リモコンで操作している、電気、テレビ、エアコン、扇風機、加湿器などを
登録できる。

ネイチャーリモのアプリから登録した各家電を操作できるが、
さらに、アレクサアプリからネイチャーリモのスキルを入れて連携すると、
アレクサから家電の操作ができるようになる。

アレクサアプリにネイチャーリモのスキルを追加
ネイチャーリモが正常にリンクされる

リンクされた後、アレクサから指示を出すと、
ネイチャーリモから対象の家電に赤外線が飛ぶ。

アレクサ、リビングの電気点けて。

はい!

NatureRemo(ネイチャーリモ) のデメリット、メリット

デメリット
  • 赤外線が届く範囲の家電しか操作できない
  • 値段が高い

まあ、設置型の学習リモコンと考えれば仕方ないかと。
家中の家電の操作をするには1台では足りない。

価格は1万円程度する。
これを高いと見るか、安いと見るかだが、やっぱりちょっと高いと思う。
私が購入した後に、6千円台で人感や温度センサーが付いていない、
ネイチャーリモminiが登場した。

メリット
  • スマホを使って外出先から家電を操作できる
  • 声での操作はかなり便利

私は暑がりで汗っかきなので、夏場は必ずクーラーをガンガンにきかせている。
仕事から帰ってくる頃に、ちょうど冷え冷えにできるのが超便利!


アレクサやGoogle Homeと組み合わせた感想とはなるが、
「アレクサ、ただいま」と言うと、電気とエアコンを点けて、
音楽を鳴らしてくれるようにした。

「アレクサ、行ってきます」と言うと、電気とエアコンを消して、
音楽を止めるようにした。

リモコンを持ち替えてオン・オフをしていたころに比べると、
格段に楽になり、未来感が出てきた。

他にも、家から一定範囲に入るとエアコンの電源を入れるなど、
トリガーを設定しての操作もできる。

まとめ

アレクサや、Google Homeなどのスマートスピーカーだけだと正直物足りなかったが、ネイチャーリモが加わることで一気に便利に使えている気になった。
工夫次第でいろんな使い方ができそうなので、使い方を覚えて活用していきたい。

タイトルとURLをコピーしました