【レビュー・口コミ】お肉の筋切りに!ミートソフターを使ってみた

ミートソフター アイキャッチAmazonで買ったもの

せっかくの大きなお肉を買ってきて焼いたのに、焼くと反り返っている。
ナイフでなかなか切れない。

一口大に苦労して切っても、飲み込むまでに時間がかかる。
そんなわけで、お肉がやわらかくなるとの触れ込みのものを片っ端から試してきた。

最初はフォークから。これは悪くないが、他に何かないかなと。
包丁で筋を切る。ん~・・あんまりどの辺りを切って良いのかわからない。

キウィやパイナップル、ヨーグルトに塩麹、柔らかくなったかなぁ・・
とも思うが味や匂いに違和感が残る。

やっぱりAmazonで見つけた!

ミートソフターというそのままのネーミングの器具だった。
数本の彫刻刀のような刃が並んでいる。
某商品比較系サイトでも高評価だった。

義春(よしはる)刃物というメーカーが出している日本製の器具らしい
本体とふたが付いており、ふたを外して肉に押し付けると刃物が出てくる

肉が、それも塊肉が大好きな私は早速使ってみた。

ザクザク・・

ザックザク・・・

ストレス解消も兼ねて結構刺してしまって、結構穴が空いた。。

この状態で肉を焼いた結果、
あれ、さっきの穴どこ行ったと思うくらい普通に仕上がった。
これまでのどの方法より柔らかくなったことを実感できた!

牛、豚、鳥のいずれも問題なく、出来上がりが柔らかくなった。
(鳥は、やりすぎると崩れやすくなるかも・・・)

でも、しっかり歯ごたえも残っていた。
もちろんフルーツのように風味が変わることもない。
無数の穴があくことによって、味が染みやすくなる効果もある。

まとめ

良かったところ
・確実に肉が柔らかくなる
・味が染みやすくなる


イマイチなところ
・やりすぎるとまな板が傷つく
・若干洗いにくい


他にも似た商品はそこそこあったが、
このミートソフターで満足したので、しばらくは使い続けようと思う。
これで気兼ねなく(?)、安いお肉が買える!!

タイトルとURLをコピーしました