【レビュー・口コミ】電動歯ブラシはパナソニックのドルツ一択の理由

電動歯ブラシ アイキャッチAmazonで買ったもの

電動歯ブラシはドルツ一択の理由。
それはランニングコストにある。
私はパナソニックのドルツ(EW-DL12-A)を使っている。

私は、普通の歯ブラシから電動歯ブラシに替えて7年目になった。
いつも歯磨きで力が入ることと、1回に15分くらいかかることが悩みだった。

最初の電動歯ブラシはフィリップスだったが、
楽に手磨きよりも早くきれいになることに感動した。
歯に当てるだけなので、何かをしながらでもできる。

一点ネックだったのが、替えの歯ブラシが高いこと。
純正で4本入りが4,000円~6,000円もする。
ブラシの種類にもよるが、私が購入していたのは5,000円近くした。

フィリップス替えブラシ

主に中国メーカーが作っていると思われる互換ブラシを使ってみたが、
品質のブレが大きく、すぐに毛先が開いたり、
そもそも最初から毛が折れ曲がっていたり、安かろう悪かろうの商品が多かった・・・。

4年後に買い替え

フィリップスの電動歯ブラシを購入して3年経過し、
充電がすぐ切れるようになってきたので、買い換えることにした。

有名どころで、ブラウンとパナソニックで迷ったが、
・性能的には一長一短あること、
・純正の替えブラシが圧倒的にパナソニックが安いこと

で、パナソニックのドルツになった。
ブラウン替えブラシ   パナソニック替えブラシ

パナソニックの中でも迷った挙げ句、EW-DL12-Aを選択した。

パナソニックのドルツ

良いところとしては、
・純正の替えブラシが安い!
 ➜1本100円以下

・防水のため全体を水洗いできる
➜IPX7基準
(水深1メートルに30分間水に浸けても有害な影響を生じる量の水の侵入がない) の検査をクリアしているとのこと

イマイチなところとしては、
・電源オフが少し面倒
➜ノーマルモードとソフトモードがあり、ボタンを1回押すごとに、
   ノーマル➜ソフト➜電源オフと切り替わる。
   普段ノーマルしか使わないので2回ボタンを押すのが少し面倒
  
※公式な切り方かはわからないが、動いている状態のドルツを充電台に置くと
   電源が切れる。

まとめ

フィリップスも性能的には問題なかったので、他メーカーの互換ブラシで良いものがあれば検討するかもしれない。ブラウンも同じく。

ただ、Amazonはサクラのレビューが多く、
その中から良いものを見つけるのは困難だと思う。

パナソニックは純正で安いブラシが用意されているので、
替えブラシで迷うことがない。1本辺り100円以下なので、
手磨きの歯ブラシ以下かもしれない。

電動歯ブラシ本体については、1万円以上のモデルもあるが、
最初は安めの機種で全然問題ないと思う。
機能が沢山ついていても、毎日使う機能は限られるからだ。

私が使っているドルツは購入してから3年目に突入するが、
全く問題なく使えている。
電動歯ブラシを使ったことがない方の参考になれば幸いだと思う。

タイトルとURLをコピーしました